血 液 一 般
< Ht (ヘマトクリット) >

赤血球の容積が血液中に占める割合を示したものです。
低値では貧血が疑われます。
正常値 男性 39.8〜51.8 %
女性 33.4〜44.9 %

< Hb (ヘモグロビン) >


赤血球に含まれる血色素で、赤血球の酸素運搬の中心的役割をしています。
低値では貧血が疑われます。
正常値 男性 13.5〜17.6 g/dl
女性 11.3〜15.2 g/dl

< 赤血球数 >

血液成分の大部分を占め、身体の酸素と二酸化炭素の運搬をしています。
低値では貧血が疑われます。
正常値 男性 427〜570×10^4/ul
女性 376〜500×10^4/ul

< 白血球数 >


体内に侵入した異物や病原菌から身体を守る働きをしています。
高値では感染症、白血病など、低値では貧血、血液疾患が疑われます。
正常値 男性 3900〜9800 /ul
女性 3500〜9100 /ul

< 血小板数 >


出血した時に血を止める働きをしています。
高値では感染症、白血病など、低値では貧血、血液疾患が疑われます。
正常値 男性 13.1〜36.2×10^4/ul
女性 13.0〜36.9×10^4/ul

< 血液像 >


体内に異物が侵入し増えた白血球を詳しく調べると6つの種類に分けられ、病気によってどれが増減するか異なっているので、種類ごとに増減数を調べ、診断の手がかりにします。
血液像 正常値
桿状好中球 Stab 0〜6
分節好中球 Seg 32〜73
好酸球 Eosino 0〜6
好塩基球 Baso 0〜2
単球 Mono 0〜8
リンパ球 Lympho 18〜59

< MCV (平均赤血球容積) >


赤血球の大きさを示す値です。
この値が正常値であれば正球性貧血、値が低ければ小球性貧血、高ければ大球性貧血が疑われます。
 
MCV(fl)=ヘマトクリット(%)÷赤血球数(×1000000/ul)×10
正常値 男性 82.7〜101.6 fl
女性 79.0〜100.0 fl

< MCH (平均血色素量) >


赤血球に含まれるヘモグロビン量を示す値です。
この値が正常であれば正色素性貧血、値が低ければ低色素性貧血が疑われます。
 
MCH(pg)=ヘモグロビン(g/dl)÷赤血球数(×1000000/ul)×10
正常値 男性 28.0〜34.6 pg
女性 26.3〜34.3 pg

< MCHC (平均血色素濃度) >


赤血球に含まれるヘモグロビン値をパーセンテージで表した値です。
 
MCHC(%)=ヘモグロビン(g/dl)÷ヘマトクリット(%)×100
正常値 男性 31.6〜36.6 %
女性 30.7〜36.6 %

< CRP (C反応性蛋白) >


体内に急性の炎症や組織の損傷がある時に、血清中に増える蛋白の一種で、炎症の有無や程度が把握できます。
細菌感染やウイルス感染症、心筋梗塞などの指標になります。
正常値 (−)

< RA (リウマチ因子) >


慢性関節リウマチのスクリーニング検査です。
この検査のみで確定することはできないが、客観的診断の一助として利用性が高い。
正常値 (−)

< CPK (クレアチンフォスファターゼ) >


エネルギー代謝に関与する酵素です。
高値では心筋梗塞や骨格筋の障害などが疑われます。
はげしい運動の翌日などには正常値の2倍以上に上昇します。
正常値 男性 57〜197 IU
女性 32〜180 IU

< TPHA法 (梅毒血清反応) >


過去の梅毒の感染の有無を調べる検査で、梅毒病原体抗原を用いる方法を使います。
正常値 (−)

< RPR法 (梅毒血清反応) >


上記と同等の検査ですが、こちらは脂質抗原を用いる方法を使います。
正常値 (−)

TOP