肝 機 能 等
< GOT >

血液中の酵素で、アミノ酸を作る働きをしています。

高値であると肝機能障害が疑われます。
正常値 10〜40 IU

< GPT >


GOTと同様、血液中の酵素です。
高値では特に肝炎が疑われます。

正常値 5〜40 IU

< γ‐GTP >

上皮細胞に多く含まれている酵素です。
高値では時にアルコール性肝障害が疑われます。
正常値 男性 70 IU以下
女性 30 IU以下

< ALP (アルカリフォスファターゼ) >


ほとんどの臓器の細胞に含まれる酵素です。
高値では特に胆汁の流出経路からの肝障害、骨の病気などが疑われます。
正常値 115〜359 IU

< LDH (乳酸脱水素酵素) >


体内の糖がエネルギーに変わるときに働く酵素です。
高値では肝障害、心臓病、血液疾患などが疑われます。
正常値 115〜245 IU

< Ch−E (コリンエステラーゼ) >


肝臓で生成され血中に供給される酵素です。
高値ではネフローゼ疾患など、低値では肝炎や肝硬変などが疑われます。
正常値 男性 242〜495 IU
女性 200〜459 IU

< TB (総ビリルビン) >


肝臓で代謝され、胆道に排泄される物です。
高値では肝障害、胆道疾患などが疑われます。
正常値 0.2〜1.0 mg/dl

< TP (総蛋白) >


血液中の総蛋白で、主にアルブミンとグロブリンなどの成分です。
高値または低値でも肝障害などが疑われます。
正常値 6.7〜8.3 g/dl

< アルブミン >


肝臓で合成される蛋白質で、糖類を分解する消化酵素です。
栄養状態の悪化、肝障害などでは低値を示します。
正常値 4.0〜5.0 g/dl

< A/G比 >


血液中のアルブミンとグロブリンの比率です。
低値では慢性肝炎、肝硬変などが疑われます。
正常値 1.2〜2.0

< TTT ・ ZTT >


血清蛋白成分の質的、量的異常を見る検査です。
異常値では肝機能障害、胆道系疾患、血液疾患などが疑われます。
正常値 TTT 4 U以下
ZTT 2〜12 U

TOP